若吾潟潟潟Adobe Flash Player 違若吾с潟綽荀с

Adobe Flash Player 緇



メニュー

利用者懇談会

JA紀南ではAコープ全店で、利用者のニーズを反映した店舗運営に努めるため、定期的に利用者懇談会を開催しています。


店舗利用者懇談会とは?

1.農協店舗と商系店舗の違いは?

 農協店舗は組合員利用者の消費生活の安定と向上のため、組合員の利益を目的として運営しています。商系店舗のように、社長や店主の利益のために運営しているものではありません。したがって、運営にあたっては常に組合員利用者の意見や希望が反映された運営をすることが農協店舗の特色です。

2.店舗利用者懇談会の必要性は?

 農協店舗の特色を生かした運営をするためには、組合員利用者が農協店舗に対して、何を要望し何を不満としているか、店舗従業員はそれを知る必要があります。もちろん意見や苦情は個人個人から聞くことができますが、個人対応で限界があります。従って、組合員利用者の代表として意見や苦情発表してもらったり聞いたりする場、すなわち利用者懇談会が必要なのです。よって、利用者懇談会の大きな目的は次の二つです。
  (1)日頃店舗について感じている意見や不満を率直に述べてもらい、それらの意見にそって運営を改善していく。
 (2)農協側からも店舗運営の考え方、取扱商品などを説明して、店舗に対する理解を深めてもらう。

3.店舗側の意見や苦情に対する考え方

 利用者の皆さんに意見を出していただくことによって、運営改善の資料が得られ店舗を充実させるものとなり、意見や苦情を言って下さる方こそ店舗の味方だと考えております。是非、店の『血』となり『肉』となる意見を出していただけますようお願い致します。出していただいた意見や苦情につきましては、即座に検討し対処させていただくよう努めます。
利用者委員には、Aコープのチェックだけでなく、農産物の収穫なども体験していただき、農業に対する理解促進も図っています。
プリンタ出力用画面
今週の売り出し