指針・方針

JA紀南行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間
  平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間

2 内容

目標1:子供の出生時および子育ての忙しい時期における父親の休暇取得の促進
<対策>
平成27年4月
前回の取り組み期間において父親による出生時の特別休暇取得が低かったため、これに加えて子育ての忙しい時期にも有給休暇を取得できるよう環境整備を行い、所属長を通じて啓発する。

目標2:育児休業・介護休業を取得しやすく、現場復帰しやすい環境の整備
<対策>
平成27年4月
高齢化が進行する地域・職場環境の中、介護休業を取得する職員は少なく、介護休暇制度についての説明など所属長を通じ周知する。また、希望する者については、休業中に広報誌の送付等により情報提供を行う。 また、育児休業職員への復帰者研修を復帰前に実施し、復帰後の就労に対する不安解消や相談支援を行っている。この取り組みは今後も継続して行う。

目標3:育児等退職者についての再雇用特別措置等の実施
<対策>
平成27年4月より
妊娠、出産若しくは育児又は介護を理由として退職した職員について、必要に応じ退職の際に、就労が可能となったときには再び雇用を希望する職員について、特別の配慮をすると共に、JA側からも積極的に退職者に対して再雇用に関する説明を行う。

目標4:年次有給休暇の取得の促進
<対策>
平成27年4月
イントラネット等を活用した啓発の実施と、各所属長に対する取得しやすい職場づくりの指示により、取得率30%を目指す。

目標5:ノー残業デーへの取り組み
<対策>
平成27年4月
平成26年7月から各部署において、月2回のノー残業デーを設定し、事務の効率化を図るとともに職員の仕事へのモチベーションを高めている。今後もこの取り組みを継続・拡大し、より良い職場風土づくりに努める。