JA紀南広報誌

6月号p027-01

画像の説明

高岡 政春さん(78歳) お良さん(78歳)
収穫するうれしさ実感


画像の説明

 政春さん 昔は林業を営んでいたが、ここ十数年は夫婦で農業に力を入れている。水稲約40㌃と、ケイトウやアリウムなどを栽培しているが、特に花の露地栽培はおもしろいなあ。一つひとつの作業は大変だが、農業というのは、ものを作る楽しみ、収穫するうれしさがある。品質の良い物ができるたびに、それをひしひしと実感する。
 趣味はガシラ釣りや。家から磯が近いので農作業の合間や雨が降ったりしたときなどしょっちゅう行くんや。わしは何もしないより、年をとっても農作業や趣味で体を動かした方が体に良いと思う。これからもぼちぼち2人で健康にやっていけたらと思っている。
 お良さん お互い60歳頃までは全国各地に旅行などをしてきましたが、ここ数年は行っていません。今では近くの畑に足を運ぶのが日々の楽しみとなっています。10月から翌年の3月までは農閑期に入るので、自分の好きなことをしたり、橋本市に嫁いでいる娘の家に遊びに行ったりして楽しんでいます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional