JA紀南広報誌

6月号p011-02

旬を迎える「南高梅」旬を迎える「南高梅」  

全国ネットのテレビ収録
梅料理やジュースをPR


画像の説明

5月28・29の両日、JA紀南管内でJA全農が提供するテレビ番組「旬が好き」の取材があり、梅農家や職員が南高梅をテーマとした映像収録に協力した。
 「旬が好き」は、フジテレビ系全国ネットで毎週日曜日朝7時から放映されている番組で、毎回、生産者の顔が見える映像を交えて旬の料理を紹介している。今回は6月8日放映分として、6月に出荷本番を迎える南高梅を取り上げた。
 JA営農生活本部(田辺市湊)の農産加工施設「夢工房」では、ふれあい課の女性職員が梅干しや梅肉を使った料理に腕をふるった。
 梅団子甘酢あんかけ、太刀魚の梅揚げ、かまぼこの梅肉巻き、梅サンドイッチの4品が台の上に並ぶと、カメラマンは職員の解説を交え料理の映像を撮影した。
 JA紀南が消費者に積極的に提案している冷凍果実を使った梅ジュースの加工方法(冷凍搾汁法)も職員が実演した。砂糖を入れて1週間程度で飲める梅ジュース加工だと聞きカメラマンも興味を示していた。
 また、農家の梅栽培現場にも足を運び、新庄の山根与三男さんがカメラを前に梅産地・紀南と南高梅をアピールした。
 梅は旬の時期に出回る数少ない商材であり、マスコミの取材依頼は年々増えており、JA紀南では出荷シーズンにかけてその対応を精力的にこなしている。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional