JA紀南広報誌

2016年9月号p20-02

2016年9月号もくじ

真田ミュージアムを見学  

かつらぎ町では桃狩りも
上富田ブロック  

桃狩りの説明を受ける参加者

 女性会上富田ブロック(福田みね子ブロック長)は7月12日、かつらぎ町や九度山町を訪れ、桃狩り体験や真田ミュージアムの見学などを楽しみました。会員間の親睦を図ることが目的で34人が参加しました。
 まずは、かつらぎ町の阪口農園で桃狩りを体験。農園の方から収穫に適した桃の見分け方やもぎ取り方の説明を受け、持ち帰り用に各自2個ずつ桃をもぎ取りました。
 農園が取り置きしていた桃の食べ放題も楽しみ、その味を存分に堪能しました。農園が販売する桃を購入して家族などへのお土産用に宅配で送る参加者の姿も多く見られました。
 次に九度山町を訪れた一行は、真田ミュージアムを見学しました。NHK大河ドラマでおなじみの「真田丸」の真田昌幸、幸村、大助の真田三代の物語を後世に語り継ぐことを目的としている施設で、九度山町は豊臣方が関ヶ原の戦いに敗れた後、昌幸・幸村親子が蟄居を命じられた地です。
 ミュージアム見学後は、近くにある真田庵や真田古墳など真田ゆかりの地を自由に散策。真田一族が歩んだ歴史にどっぷりと浸っていました。(上富田地区生活担当・上田哲也)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional