JA紀南広報誌

2016年9月号p14-01

2016年9月号もくじ

恒例の総合展示会開く  

2073世帯が来場  

多くの品を取り揃え盛況だった総合展示会

 JA紀南は7月16日、17日の2日間、田辺市下三栖の総合選果場で総合展示会「夏の大感謝祭」を開き、昨年より323世帯多い2073世帯が来場しました。
 会場では農機具・農具や各種生産資材をはじめ、電化製品、自動車、日用雑貨や農産物・加工品など多数、展示販売しました。
 初日はJA女性会の串本支部が「よさこい踊り」を披露し、会場を盛り上げました。JA職員がかき氷や焼きそばなどの模擬店を出店する「お祭り横丁」も盛況で、家族連れなどで賑わっていました。ドローン(無線操縦航空機)の実演もあり、メーカーの担当者がカメラ付きのドローンを上空に飛ばし、空撮映像を披露しました。
 kumica(クミカ)カード会員の来場者には、今年も来場特典のポイントサービスがあり、1902人にポイントを進呈しました。昨年から行っているポイント進呈のスタンプラリーも人気を集め993人が参加しました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional