JA紀南広報誌

2016年8月号p31-01

2016年8月号もくじ

読者のページ  

●営農室だよりの子どもたちへの農業体験指導は、これからの日本にとって大切なことと思っています。(白浜町・原由紀子さん)

●毎月楽しみに読んでいます。ときどき紀菜柑に行きますが、新鮮で「あれもほしい」「これもほしい」とたくさん買ってしまいます。デリシスいなりの自家製のサンマ寿司も美味しい。(田辺市・大野スミコさん)

●交通の便が悪くて買い物にいけません。農協があるのでとても助かります。親切ですし、すぐ来てくれて嬉しく思います。Kinanの本も待ち遠しいです。(すさみ町・南富由美さん)

●健康百科を読んで勉強させてもらっています。年に1回は人間ドックに行っています。早期発見は大事だと思います。(上富田町・匿名希望)

●私は現在1カ月と10日ほどJA紀南総合選果場の季節労働者としてアルバイトで雇用をしてくれました。もう3年目になりましたが、大変気分爽快に仕事ができました。何故ならば、私のような老体には無茶なことを要求せずに、適材適所を上司の方が与えてくれました。こんな仕事をしていると、一日一日が大変充実をしてきました。仕事にはいかに「コミュニケーション」が大事であるかを痛感しました。本当にJAの幹部の皆さんには大変ありがとうございました。来月も健康な身体であれば、またこの仕事をしたいです。(田辺市・竹内司洲男さん)

●嬉しい情報(テレビニュースで)ですね。ミカンの生産量が和歌山県が全国1位(トップ)で、愛媛、静岡が2位、3位とか。朗報に益々ミカンいただきます。(白浜町・浅井恵子さん)

●毎月楽しみに読んでいます。特にクイズが大好きです。(すさみ町・古田彩乃さん)

●今年も南高梅を頂いて漬けることができました。「申年の梅」とのことで嬉しく、梅肉エキスも作りました。何もできないのにKinan誌は毎月とても楽しみで、隅から隅まで何回も読んでいます。(串本町・中橋鶴子さん)

●私は今、夏野菜を主に色々な料理をして食べるのがマイブームです。毎年のマイブームですが、いつも思うことは、毎年毎年すごいと思い買うものは、新種類の野菜たちです。私もプランターで色々な野菜を作ってます。(すさみ町・クロスワード好き女子さん)

●梅干し大好き家族です。子どもたちも小さいときから毎日1個食べ、大きく育ちました。お中元も毎年「まろの梅」を6件送ります。「何よりもいい。大変美味しい」と皆さん喜んでくれます。(田辺市・鳥渕マサエさん)

新庄小が「南高梅」の収穫体験  

6月1日、新庄小学校の5年生児童31人が地元の樫山修三さんの園地で「南高梅」を収穫体験しました。中山間直接支払制度の新庄集落協定の活動です。今年は約80㌔を収穫。梅ジュースや梅干し加工に活用するとのことです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional