JA紀南広報誌

2016年7月号p21-02

2016年7月号もくじ

スターチス収穫など  

2件の花農家を訪問  

収穫したスターチスを手に笑顔の受講生と森本さん

 JA紀南女性大学「きらっと」は5月11日、第10回講座「紀南発掘~お出かけ編~花の生産地をめぐる」を開き、20人が田辺市と白浜町内の2件の花農家のハウスを訪れました。
 田辺市芳養町の森本恵美子さんのハウスではスターチスの収穫を体験。紀州ファインパール、ナチュールブルーなど好きな品種を選んで収穫しました。森本さんの「花のように見える部分は実はガクで、その中にある蕾の部分が本当の花です」との説明に、受講生から驚きの声があがっていました。
 白浜町才野の鴨居秀和さんのハウスではガーベラを見学し、栽培方法や品種などの説明がありました。受講生は花の鮮度の見分け方や長持ちさせるためのコツなどを積極的に質問していました。
 スターチスとガーベラを両手に抱えた受講生らは「こんなに綺麗なお花をたくさんいただけて嬉しい」「さっそくお墓に供えよう。おばあちゃんも喜ぶわ」などと嬉しそうでした。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional