JA紀南広報誌

2016年4月号p27-01

2016年4月号もくじ

読者のページ  

●神島高校の那須先生、商品開発は苦労も沢山おありかと思いますが、商品化されたときの喜び、嬉しさ・楽しさ、どのように表現をするのでしょうか。ガッツポーズ、それともハイタッチ? ハグもあるかもね。楽しいとお顔が語っていますよ。      (上富田町・匿名希望)

●広報誌の最後のページに掲載されている「ふれあい広場」の写真を見ますと、紀南の人々の活き活きとした活力が紙面から伝わってきます。少子高齢化や過疎化に悩む紀南地方ですが、この笑顔を見ますと、まだまだ紀南はあらゆる可能性を見出せるのではないかと感じます。
      (白浜町・匿名希望)

●家庭菜園を楽しみでやっています。そんな時、ふれあい広報誌は参考になります。季節ごとの作物など紹介してくれていて助かります。     (田辺市・桶本晶世さん)

●何時もKinan誌を拝読しています。コラムを読んで、各支所の方の頑張っておられる様子が分かります。健康百科も勉強になります。(白浜町・高橋ヒシミさん)

●今月の農作業、営農室だより、支所通信などなど、色々な内容をいつも面白く読んでいます。特に今月の農作業は参考にさせてもらっています。   (白浜町・山本稔さん)

●いつも月が変わるごとに、Kinan誌が来るのを楽しみにしています。各々の地域の方々の日頃の活動をお伺いし、自分も老いてもまだ頑張れと思い、毎日の農作業に精を出そうと頑張っています。
    (田辺市・髙垣佳子さん)

●あぜみちの店内で出店されている棚にお魚があり、私はいつものぞきます。過日、2匹の珍しい魚が置かれて、メジカ(名前はうろ覚えですが)と書かれていたようで、さてどのようにして食べるかなと思い、近くに居た店員さんに尋ねると「塩焼きにしても美味しいで」とのこと。そのようにして食べてみたところ、どちらかといえば肉類より魚類の方が好きな私は、あっさりした味に大満足。幸せを感じました。
    (白浜町・浅井恵子さん)

●梅干しにも色々加工されたものが出回っていますが、熱中症にかかりやすい私には、白干しの梅が一番いいです。
   (すさみ町・吉田晴美さん)

●Kinanを毎月楽しみに読んでいます。クッキングやふれあい広場も楽しみの一つです。
    (白浜町・大隈栄子さん)

●毎月、楽しみにしております。広範囲での情報や催しなど参考になります。(田辺市・本山貴美代さん)

●いつも楽しく読ませていただいている紀南誌です。読みやすい誌面と身近な情報、くらしの情報、ほのぼのとした写真など盛りだくさんで、何度見ても良いものです。今度は家庭菜園に挑戦してみようと種芋を準備、誌面とにらめっこしています。      (田辺市・匿名希望)

●農家に生まれ育った私ですが、農業とは無縁のところへ嫁ぎ、土いじりはプランターや植木鉢で花を育てる程度です。最近、頻繁に紀菜柑へ足を運んでいます。野菜の種類が多く新鮮なのにビックリです。
      (田辺市・匿名希望)

●きちんとKinan誌を読んだのは初めてですが、身の周りにあるお店の情報や行事などが記載されており、楽しく読みました。
    (田辺市・石山雅子さん)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional