JA紀南広報誌

2016年2月号p21-01

2016年2月号もくじ

手馴れた様子で楽しく交流  

葉牡丹などで寄せ植え作る
なかへちブロック三川支部  

 女性会なかへちブロック三川支部は12月9日、JA三川店で寄せ植え教室を開きました。新年を迎えるにあたり、お正月用の寄せ植えを作ろうと7人の会員が集まりました。
 寄せ植えに使った花は、ガーデンシクラメン、葉牡丹、稚児笹、斑入りヤブコウジの4種類で、栗栖川支所の能城優子生活指導員に教わりながら、各自持参した鉢に寄せ植えしていきました。
 毎年、自宅でも寄せ植えをしている参加者が多く、みんなで楽しく話しながらも手馴れた様子で進め、予定していた時間よりも早く終わることができました。次回は、役員会と合同でおせち料理を作る予定です。
 これからも、会員同士の交流を深めるため、たくさんの行事を開いていきたいと思います。(鮎川支所生活指導員・平野静香)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional