JA紀南広報誌

2016年2月号p19-01

2016年2月号もくじ

地域と一体となって協力を!  

上芳養小学校の梅学習を支援
上芳養支所  

5年生が夏休みに取り組んだ梅の天日干し作業

 上芳養支所では、地元の子どもたちに地域特産の梅について学んでもらおうと、小学校の梅学習を支援しています。
 上芳養小学校では毎年、5年生を中心に各学年が梅学習に取り組んでいます。収穫前にはJAの営農指導員が学校に出向き、上芳養の梅の歴史や種類、生産面積や収穫量について講義しています。また、地元農家と協力し梅の収穫からジュース作り、梅干し加工の授業にも参加しています。
 5年生が作った梅干しは、翌年の修学旅行先の京都で配りPRをしてくれています。今後も地域とJAが一体となって学校に協力したいと思います。 (支所長・那須晃)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional