JA紀南広報誌

2016年2月号p06-02

2016年2月号もくじ

駅伝全国大会の神島にウメパワプラス  

神島高校の選手・監督と一緒に真砂市長や本田組合長ら

 紀州田辺うめ振興協議会は12月8日、全国高校駅伝に女子の部・県代表として出場する神島高校の選手たちにスポーツ選手用に開発した梅製品「ウメパワプラス」を贈って激励した。
 選手らが市長室の真砂市長を訪ねた出場報告の際にあった。市長は選手の健闘に期待を寄せ、協議会副会長の本田勉JA紀南組合長とでウメパワプラスとドリンクを手渡した。同席したJAの榎本義人加工部長は「未来を夢見る若いスポーツ選手の応援ができれば大変うれしい」と話していた。
 3年連続出場の同校は、12月20日の京都での大会で29位と大健闘した。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional