JA紀南広報誌

2016年12月号p17-01

2016年12月号もくじ

秋晴れのもとサツマイモ収穫  

とんだ支所のイベントに79人  

力を合わせてサツマイモを掘り起こす親子

 JAとんだ支所では10月15日、白浜町才野の農園に、地域の親子79人を招き、サツマイモの収穫イベントを行いました。大きく実ったイモが地面から顔を出すたび、子どもたちからは大きな歓声が上がりました。
 地域住民に農業への親しみを持ってもらおうと、毎年開いています。5月には「我が家のミニ畑を作ろう!」と題し、イモ苗の定植体験を開きました。
 汗ばむほどの秋晴れのもと、親子らは、手袋と長靴姿で畑に入り、職員の手ほどきを受けながら、スコップやシャベルで畝を掘り起こしていきました。
 参加者からは「来年も参加したい」との声が聞かれ大好評。コンテナいっぱいに収穫したサツマイモを、笑顔で持ち帰っていました。
(とんだ支所生活指導員・谷智恵)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional