JA紀南広報誌

2016年1月号p16-02

2016年1月号もくじ

親子で冬野菜の収穫楽しむ  

アンパンマンこどもくらぶ  

親子一緒にダイコン収穫に挑戦

 JA紀南は11月29日、田辺市高雄の学童農園で「JA共済アンパンマンこどもくらぶ」の野菜収穫体験教室を開き、37組の家族が冬野菜の収穫を楽しみました。
 「アンパンマンこどもくらぶ」は地域の皆様の出産や子育てを応援しようというJA共済の活動。子育て雑誌やキャラクターグッズの贈呈、交通安全教室などを行っており、農作物の収穫体験はJAらしさをアピールし食農教育を進めようと4年前から始めました。
 体験ではキャベツ、ハクサイ、ダイコンの3品目を収穫。親子が力を合わせてダイコンを引く姿などが見られ、参加者は汗だくになりながら楽しんでいました。野菜の名前を使ったビンゴゲームもあり、親子が一緒に農作物の種類を学習していました。終了後には豚汁も振る舞い、参加者は笑顔で味わっていました。
 JAの佐武範彦共済課長は「農作業による運動や収穫物を食べることでの味覚の発達など、農業体験は小さな子どもの体育、知育に役立ち、また周囲の人と接する中で、徳育についても効果が期待できると思います。今回収穫した野菜をご家庭で味わっていただき、食育にも役立ててほしい」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional