JA紀南広報誌

2016年1月号p14-02

2016年1月号もくじ

木熟みかんや花き、野菜  

管内の優良農家を視察
新規就農者セミナー  

トルコギキョウのハウスで説明を受ける参加者ら

 JA紀南は11月9日、「新規就農者セミナー」の第2回講座を開き、9人が参加して、管内の優良農家やJA総合選果場を視察した。青年部役員4人も同行した。
 セミナーは次代を担う農業後継者を育成し、JAへの理解促進や仲間づくりに役立ててもらおうと毎年開いており、参加者は視察研修や講義など1年間を通して、営農や組織への知識を深めていく。
 視察では、複合経営の参考にと、稲成町の木熟みかん園地、上富田町のトルコギキョウハウス、とんだ地区のレタス・切り花用ナバナの園地を順に訪問。参加者は各園主から栽培のポイントなどの説明を受け、真剣な様子で聞き入っていた。
 参加した男性からは「普段携わることのない品目の話が聞けて、大変参考になった。自身の経営にも大いに活かしたい」との声が聞かれた。
(営農指導課・豊原晋哉)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional