JA紀南広報誌

2016年1月号p10-02

2016年1月号もくじ

道の駅すさみにATM  

地元やJAの農産物販売も  

 JA紀南は支所再編後の旧江住店で運用していたATMを紀勢自動車道の開通とともに整備された「道の駅すさみ」(すさみ町江住)の施設に移転・新設し、駅がオープンした9月5日から稼働を始めた。
 旧江住店の老朽化が進み、あわせてすさみ地域の活性化の拠点として「道の駅」が建設される計画の中、JAは組合員や観光客の利便性向上につなげたいと考え、道の駅へのATM設置に取り組んだ。
 「道の駅すさみ」は、8月30日の紀勢自動車道田辺・すさみ間の開通後にオ
ープンし、地元でも地域活性化や広域防災の拠点として活用が期待される。
 駅には連日多くの利用者が訪れ、施設内には地元生産者の農産物直売コーナーもあるほか、JA紀南はミカンや梅干しなどの農産加工品も販売している。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional