JA紀南広報誌

2015年9月号p20-04

2015年9月号もくじ

摘んだ実でジャム作りも  

ブルーベリー狩り楽しむ
白浜ブロック白浜支部  

色付いたブルーベリーを摘み取る会員

 女性会白浜ブロック白浜支部(堅田チヤ子支部長)は6月26日、会員22人が田辺市長野でブルーベリー狩りを楽しみました。
 あいにくの天気でしたが、参加者らは雨にも負けず、綺麗に色づいたブルーベリーの実を頬張りながら袋いっぱいに摘み取りました。
 この後、自分たちが摘んだ実を使って、中央購買センターコピアのレクチャー室でジャム作りに挑戦しました。
 ブルーベリーと砂糖を鍋に入れて熱し、木ベラで混ぜながらアクを丁寧にすくい取り、アクが取れたら残りの砂糖を加え強火で15分から20分、好みの硬さになるまで煮詰めました。
 参加者からは「雨がすごかったけど、いっぱいブルーベリーとったで!」「ジャムはパンにつけたり、ヨーグルトに入れて食べよう」といった声が聞かれました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional