JA紀南広報誌

2015年9月号p20-02

2015年9月号もくじ

緊急時の迅速な対応へ  

救命講習会に22人参加
白浜ブロックとんだ支部  

 女性会白浜ブロックとんだ支部(鈴木まき子支部長)は6月25日、白浜町農業研修会館で救命講習会を開き、会員22人が参加しました。
 講師の白浜町消防本部の小嶋裕也さんから「意識を失って倒れている場合、脳に酸素を送るために心臓マッサージが重要です」との説明を受け、人形を使って一連の流れを教わりました。
 緊急時に迅速に対応できるようにと、会員らは講師のアドバイスのもと、心臓マッサージやAEDを使用した救命法に真剣に取り組みました。
 講師は「緊急時に通報した際は、意識の確認、その状態になるところを目撃したのか、場所の確認などを聞きますので、場所の目印となる物を伝えてください。質問することに慌てず答えてください」と呼びかけました。
 「高速道路で事故したら?」「山の中で助けを呼ぶときは?」などと講師に質問する姿も見られ、会員らは色々な事例について学んでいました。(とんだ地区広報委員・巨海千都佳)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional