JA紀南広報誌

2015年9月号p19-01

2015年9月号もくじ

読者のページ  

●「農人」で若い濱野さんが転身をして一生懸命農業に取り組んでいることを知り、とても頼もしく、嬉しく思いました。意欲に燃えている顔、とても素敵です。苦労も多いと思いますが、頑張ってください。(すさみ町・桝川登美代さん)

●毎月、「ふれあい広場」を見るのを楽しみに待っています。特に「おしどり夫婦」。
(上富田町・松下美和子さん)

●土いじりを楽しんでいます。家庭菜園のコーナーは「今月は何かな」と、いつも楽しみにしています。 
(白浜町・眞鍋信子さん)

●私は白浜在住ですが、串本が大好きです。「ここは串本 向いは大島」の串本節の歌詞の中に「一つ二つと橋杭立てて」とありますが、8月号に橋杭岩について詳しく書かれていた記事を読み、当地のアマチュアカメラマン、城内晟さんの撮影された写真も掲載されていました。城内さんがご逝去なされ、JAカレンダー応募のお一人がおられなくなったことは、さびしい限りです。
(白浜町・浅井恵子さん)

●いつも色んなイベントや意見を、楽しく見せていただいています! クッキングも参考にできるので、毎回楽しみです。
(田辺市・湯田芳美さん)

●わかやま国体の開催を知らせる啓発運動がある中、紀菜柑でも、田辺市の国体推進室の職員の方々も「きいちゃん」と一緒に色々アピールされたとか。全国の皆様に和歌山の良いところを分かってほしいですね。     (白浜町・巽政子さん)

●8月号の「こもれび」は、田辺市神子浜に住んで61年の方の体験でした。その頃は田んぼ、蛍狩りの時代でした。昭和48年頃から田高建設となり、都市化してきました。道路も整備されて車も多くなりましたが、農業が良いとのこと。素敵ですね。     (白浜町・森田博さん)

●2期生募集の頃、女性大学に参加させていただきました。今は55歳までなんですね…。あの頃はたぶん50歳くらいまでで、年齢が超えると思って3期生の募集時は断念した記憶がありますが、講座が充実していて、とても楽しかったです。
   (田辺市・中路佐和子さん)

●本誌を読むだけで、「みんな農業頑張ってるなぁ~」って思います。私もイチゴ作り頑張るよ~!
  (上富田町・山本美紀子さん)

●「つれもていこ~よ」の橋杭岩、いつ見ても素敵やなーと思います。側に道の駅も出来ていますし。「突撃リポート」を見て、お菓子が大好きなので、色々あることを知り嬉しくなりました。
    (串本町・中橋鶴子さん)

●今回、「農人」はとても興味深い記事でした。とても頑張っておられる濱野孝人さんを、陰ながら応援したいなと思いました。また、経過記事も編集していただきたいと思いました。益々のご健勝をお祈り申し上げます。(田辺市・柴田厚美さん)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional