JA紀南広報誌

2015年9月号p16-01

2015年9月号もくじ

梅採りやジュース作り  

あぐりすくーる第3回講座  

たわわに実った南高梅をもぎ取る参加者

 JA紀南は7月4日、「おやこ・で・あぐりすくーる」の第3回講座を開き、53人が梅の収穫や梅ジュース作りなどを体験しました。
 梅の収穫は田辺市秋津川の坂本学さんの園地で行い、参加者は「採りきれないくらいたくさん実がなってるね」と話しながら、鈴なりに実った南高梅をもいでいました。
 中央購買センターコピアでは、梅に関する知識を深めようと「ちゃぐりん」などを活用したクイズを楽しみました。子どもたちは梅の種類やJA紀南の梅のお菓子にまつわる問題に挑戦し、答え合わせでは大きな歓声を上げていました。
 冷凍梅を使った梅ジュース作りでは氷砂糖と梅を交互に瓶に入れていきました。職員からは「朝起きた時と寝る前の1日2回、瓶を振って砂糖を溶かしてください」との説明があり、子どもたちは出来上がりが待ち遠しい様子で、さっそく瓶を振っていました。
 終了後は第2回講座で田植えをした水田に移動し、稲の生育を確認しました。子どもたちは1カ月間で稲が大きく生長した様子に驚き、オタマジャクシやゲンゴロウなどの水辺の生き物ともふれあっていました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional