JA紀南広報誌

2015年9月号p15-03

2015年9月号もくじ

第6回講座 農業塾レポート  

秋冬野菜栽培や直売用の作型学ぶ  

品目ごとの栽培のコツを説明に聞き入る受講生

 JA紀南の農業塾は7月21日、白浜町立農業研修会館で第6回講座を開き、受講生26人がこれから始まる秋冬野菜の栽培のポイントや、直売所向け野菜の有利な作型について学習した。
 JA紀南指導部の阪本寛之担当が、キャベツやハクサイ、ブロッコリーなど秋冬野菜16品目について、畝作りや防除、収穫方法に至るまでを解説し、受講生らは追肥や水やりの頻度など、積極的に質問を投げかけていた。
 直売所向け野菜の作型については、田辺市の地域自給率を参考に「ニンジン、ジャガイモ、タマネギなど定番野菜で地場産が少ない」と説明。「他の人が作ってない野菜に挑戦することが重要」との話に、受講生らは大きくうなずいた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional