JA紀南広報誌

2015年9月号p15-02

2015年9月号もくじ

Aコープ店頭で即売会  

採れたてに来店客喜ぶ
こどういち産直部会  

店頭に並ぶ野菜を手に取る来店客

 【富田川営農室】こどういち産直部会(岩本守部会長)は8月1日、Aコープ熊野古道ちかつゆの店頭で野菜の即売会を開き、ちかつゆ店への出荷者を中心に約20人が参加した。
 3カ所にある「こどういち」はそれぞれが年1回、来店客への感謝の気持ちを込めて即売会などを開いている。ちかつゆ店では毎年豚汁を振る舞っていたが、今年は趣向を変えてガラガラ抽選会とした。賞品には、来店客のリピート利用を期待して、直売所専用の金券を用意した。
 この日はカボチャ、ゴボウ、ジャガイモなどの地場産野菜や、タクアン、花木類などが並び、地元の利用者や観光客で賑わった。会員らは「今朝採れたばかりの野菜です」と声を掛けて新鮮さをアピールした。訪れた観光客からは「どの商品も安くておいしそう!」との声が聞かれた。
 岩本部会長は「あくまで野菜作りが活動の基本だが、今後も出し物などを工夫し、地元生産者の協調の場として直売所を発展させていきたい」と話していた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional