JA紀南広報誌

2015年9月号p14-03

2015年9月号もくじ

琴・三味線に聞き入る  

紀菜柑で田高が邦楽演奏  

琴や三味線の音色が紀菜柑に響き渡る

 JA紀南の「紀菜柑」で7月11日、田辺高校邦楽部による演奏会があり、2・3年生の部員9人が来店客に演奏を披露した。
 生徒たちに演奏の場を提供し、利用者の皆様に音楽で納涼気分を味わってもらおうと、毎年夏・冬の2回開催している。
 たくさんの方の前で「白南風の頃に」「雨のち晴レルヤ」「島唄」の3曲を演奏。琴や三味線、フルートのハーモニーが店内に響き渡り、買い物を楽しむ来店客も足を止めて曲に聞き入った。
 部長の谷口結夏さんは「3年生は残り少ない演奏の場なので、練習にも力が入った。紀菜柑での演奏は様々な方に聴いてもらえるので、この機会に邦楽に興味を持ってもらえればうれしい」と話していた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional