JA紀南広報誌

2015年5月号p27-01

2015年5月号もくじ

きらっと通信  

体が硬くても大丈夫!
13人がヨーガ療法体験  

宮永さんの指導でヨーガに挑戦する受講生

 JA紀南女性大学「きらっと」は3月18日、営農生活本部ふれあいセンターで第20回講座「呼吸を整えリラックス ヨーガ!」を開き、受講生13人が参加しました。
 講師は、2007年10月から日本ヨーガ療法学会認定のヨーガ療法士として活躍中の宮永昌幸さん。宮永さんは、JAのカルチャー教室の一つ、「JAヨーガ教室」でも指導していただいています。
 受講生らは、インドの伝統的なヨーガを誰にでも実習できるようアレンジした「ヨーガ療法」を体験。
 動かしている筋肉に負荷をかけて保持した後に、筋肉を開放することで筋力アップをはかる「アイソメトリック技法」や、呼吸に連動させて体を動かし、ストレスを抱えた体と心を改善させる「ブリージングエクササイズ」などに挑戦しました。
 受講生も「始める前より柔らかくなった」と、体の柔軟性の改善効果を実感したようでした。
 宮永さんは「体の硬い人の方が、体の反応が見やすいので実はヨーガには向いています。体に負荷ばかりかけると疲労物質が溜まるので、負荷をかけた後はゆっくりと呼吸を整えながら体をゆるめることが大切です」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional