JA紀南広報誌

2015年5月号p17-04

2015年5月号もくじ

編 集 記  

■読者のページの皆様の声は、大変励みになり有り難いのだが、一方で本誌の情報が管内隅々の事柄にまで及んでいるのかと言えば、それは自慢できるものではないと自戒せねばならない。加えて月刊誌のため情報が古くなるという弱点もある。そのJA広報に大きな力となってくれているのが、地方紙の「紀伊民報」だと思っている。26年度、掲載された農業やJA関連記事は、大きなものだけでも120本を超えていた。つまりJA広報を応援してくれていると解釈できる。地元には報道各社が集まる田辺市記者クラブもある。報道の皆様とも手を携え、農業とJAの情報を地域の皆様にさらに多く届けたい。新年度の目標でもある。(山本)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional