JA紀南広報誌

2015年12月号p23-01

2015年12月号もくじ

読者のページ  

●いつも紀南誌を楽しみにしています。女性のリレーエッセー「こもれび」やふれあい広場、知人の記事、カメラコンテストによく載っている人、そして菊作り名人など…。「つれもていこ〜よ」も興味深いです。突撃リポートで掲載されていた「東部朝市」直売所に、一度行ってみたいと思いました。
(田辺市・丸ゆきさん)


●ふれあい広場が毎回楽しみです。農業はしていないのですが、少しばかりの庭に家庭菜園を楽しんでいるので、種まき、植え付け方法など助かります。
上富田町・谷口恵美子さん)


●Kinan誌は色んな情報がいっぱいで、楽しく読ませてもらっています。特にクッキング、健康等に興味があります。またJAバンクに寄せてもらったとき、女性職員の方々の気持ちの良い対応に、爽やかな気分になります。時には体のことを気づかっていただいて、本当にありがとうございます。
(田辺市・庄司和美さん)


●我が家は農家ではありませんが、広報誌「Kinan」を面白く読んでいます。紀南の文化財散策に興味があり、まだ知らないところは時間をみつけて訪ねたいものです。
(田辺市・匿名希望)


●県外の親戚に和歌山の野菜や果物を送ることがあるのですが、そのときは必ずJAの品物にしています。間違いないので。
(上富田町・匿名希望)


●野菜のこととか料理の作り方など色々載っていて、毎回楽しく読ませていただいています。クロスワードは毎回ボケ防止にしてます。
(白浜町・東久美子さん)


●広報誌「Kinan」はとても読みやすく、毎号楽しみです。表紙の方々もいつも素敵です。
(田辺市・深海まきさん)


●11月号広報誌の中で2ページにわたり、直売所の紹介が出ていました。たくさんあるんですね。私は、同じ白浜町内でもある「あぜみち」へよく行きます。今回、あぜみち利用会長の高垣さんのお顔、そして職員紹介の欄にて、Aコープあぜみち副店長の小谷さんのお顔も。次からの買い物時、もし店内でお2人の姿を見かけたら、勇気を出してお声をかけさせてもらいますね。
(白浜町・浅井恵子さん)


●わかやま国体でJA紀南の方々のおもてなしで、女性会の豚汁や、ミカン、梅干し、ウメパワプラスなどの農業加工品のPR販売で、全国の来場者を出迎えられたとのこと。選手の皆さんもさぞ頑張れたことでしょうね。 (白浜町・巽政子さん)


●広報誌をいつも楽しく拝読しております。表紙を飾るハツラツとしたお嬢さんも、地元の方だと何だか嬉しくなります。実家が農家でも、自分は全く農業とは無縁で、せいぜいプランターの花を育てるくらいですが、農家の主婦の色んな見方に興味をそそられます。
(串本町・西知子さん)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional