JA紀南広報誌

2015年12月号p16-02

2015年12月号もくじ

卒業証書と記念品に笑顔  

第6回あぐりすくーる・卒業式  

たくさんの体験を終え元気いっぱいに卒業した5期生

 JA紀南は10月17日、「おやこ・で・あぐりすくーる」の今期最終となる第6回講座を中央購買センターコピアで開き、50人が参加しました。
 参加者は、これまでの講座の様子を写真で振り返りながら、親子で一緒に思い出のアルバムを作りました。多くの写真に、時々のことを思い出しては、懐かしそうに話しながら、個性溢れるオリジナルアルバムを作っていました。
 この日は親子でのクッキングにも挑戦しました。今期の水稲講座で、自分たちが田植えや稲刈りをしてできた新米と、昆布とかつお節で出汁をとった「野菜がたっぷり豚汁」、季節のおやつとして「簡単大学イモ」の3品を作りました。職員からの注意点の説明を親子揃って真剣に聞き、実際に注意しながら調理していました。
 新米が炊き上がったときの香りや、昆布とかつお節の香りに、「いい匂い」「おなかすいてきた」と、試食が待ちきれない様子で、子どもたちは「ごはんおいしい」「おかわりしていい?」と、美味しそうに食べていました。
 講座の後には卒業式を行いました。校長先生の本田勉組合長から卒業証書と記念品を受け取った子どもたちの嬉しそうな笑顔が印象的でした。卒業式に参加できなかった方を含め、計20組・55人の5期生が今回の講座で卒業しました。(ふれあい課生活指導員・柳川あゆ)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional