JA紀南広報誌

2015年12月号p14-01

2015年12月号もくじ

田辺第三クラブが優勝!  

準優勝・三栖と県大会へ
JA共済旗・西牟婁大会  

全員野球でがんばり優勝した田辺第三クラブ
僅差で準優勝の三栖少年野球クラブ

 JA紀南は10月10日から17日のうちの3日間、新庄町の神島台運動場など2会場で「第10回西牟婁支部JA共済学童野球学童軟式野球大会(兼第35回メイトスポーツ旗大会)」を開きました。23チームが出場し熱戦を繰り広げた結果、田辺第三クラブが優勝しました。
 決勝戦は、4試合のうち3試合を完封で勝ち進んだ田辺第三クラブと、準々・準決勝をともに1点差で勝ち抜いた三栖少年野球クラブの対戦。共に堅実な守備で得点を与えない展開の中、少ないチャンスを生かした田辺第三が2対0の完封勝利で頂点に立ちました。
 田辺第三の熊野雅仁監督は「4人の6年生を中心に最後まで『勝ちたい』気持ちが持続した。ここ一番の集中力もあり、決勝も一番大きな声が出ていた。4年生もいる中、他チームに負けている体力をカバーし合いながらがんばってくれた」と選手を讃えました。
 竹田日向麻主将は「決勝も投手(女子)が良く、守りもできていた。5、6年生が少なく4年生も入ったチームだが、全員野球でがんばった」と話していました。
 田辺第三・三栖は11月22日(予備日23日)、和歌山市で開かれるJA共済旗県大会に出場します。

【決勝戦】
田辺第三 0100010 計2
三  栖 0000000 計0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional