JA紀南広報誌

2015年12月号p13-03

2015年12月号もくじ

第9回講座 農業塾レポート  

実習園でサツマイモ収穫を体験  

作業を分担してサツマイモを掘り起こす受講生ら

 JA紀南の農業塾は10月22日、白浜町才野の実習園で第9回講座を開き、受講生32人がサツマイモの収穫体験を行った。
 収穫したのは、5月の講座で植え付けた「紅あずま」「安納芋」「サイパン芋」など6品種。収穫を前に前田智也営農指導員が、ノコギリ鎌の扱いやスコップで掘る際の注意点などを説明した。受講生らは、品種ごとに分けた6畝に分かれ、ツルの刈り取り、マルチはがし、掘り起こしをそれぞれ分担した。
 植え付けた1,200の苗から多くのサツマイモが収穫でき、受講生らは「しばらくイモ料理が続くね」と笑顔を覗かせていた。ツルについても、指導員から「皮を剥けば食べられます」 との説明があり、受講生が持ち帰っていた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional