JA紀南広報誌

2015年12月号p06-01

2015年12月号もくじ

生産資材の低価格供給へ  

トラック引取対策を実施  

トラックから生産者の軽トラに資材を下ろすJA職員

 JA紀南は10月6日から8日の3日間、中央購買センターコピアと上富田事業所の2カ所で、工場から直接引き取った肥料を希望者に直接引き渡す「トラック引取対策」(品目はエコレット266限定)を行った。
 流通コストと供給価格低減のため今年初めて取り組んだ。従来はメーカーから生産者に渡るまでの間に、中間保管施設などを経由しているが、大型トラックで工場から直接資材を引き取ることで、低価格供給が可能となった。今回は延べ94件、約3600袋を生産者が引き取った。
 購買部では「今後も組合員の皆様のご期待に応えられるよう、コスト削減に向けたさまざまな取り組みを進め、資材の安定供給に努めたい」と話している。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional