JA紀南広報誌

2015年12月号p04-02

2015年12月号もくじ

大阪マラソン完走  

梅が大きな力に!
得田紀代美さん(JA紀南食品安全分析センター勤務)  

ゴール付近でウメパワプラスを手に得田紀代美さん

 大阪マラソン出場、しかも、13~14年ぶりのフル、しかも練習期間は暑い最中の3カ月でしたので、正直とても不安でした。
 お陰さまで、リタイヤすることも、途中の関門で回収されることもなく、何とか無事完走することができホッとしています。タイムは4時間46分53秒でした。
 本番の27㌔のエイド地点(給水所)では、携帯できることもあってか、ほとんどのランナーがウメパワプラス(やわらか干し梅)を手に取っていました。その後のコース上には空袋が多数捨てられており、ランナーのクエン酸・塩分補給に役立ったと思います。
 私は普段、JAの食品安全分析センターで仕事しておりますので、今回はとても貴重な経験でした。
 前日までのマラソン受付会場のEXPO2015の盛況ぶりは凄く、梅の良いPRになったと思います。
 皆様の応援も含め、ありがとうございました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional