JA紀南広報誌

2015年11月号p10-01

2015年11月号もくじ

親子で稲刈りに挑戦  

あぐりすくーる第5回講座  

画像の説明

 JA紀南は9月13日、「おやこ・で・あぐりすくーる」の第5回講座を開き、31人が稲刈り体験で汗を流しました。
 JA中央購買センターコピアに集まり、お米に関するクイズで知識を深めたほか、稲刈りを前に職員からノコギリ鎌の取り扱いの注意点を学びました。
 収穫した稲は、6月の第2回講座で植えたもの。参加者は秋津町の田んぼに移動し、親子で協力して株元から稲を刈り取りました。
 職員からの「食べ物は大事。落ちたお米もみんなで拾おう」との話に、参加者も落ち穂を注意深く拾っていきました。刈り取った稲は竿干し(なる掛け)しました。
 参加した保護者からは「鎌を使うので心配もあったが、夢中で刈る子どもの一面が見られて良かった」との声が聞かれました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional