JA紀南広報誌

2015年10月号p17-02

2015年10月号もくじ

女性会員と職員が一体感!  

串本節総踊りに40人参加  

踊りを披露した串本の女性会員と職員ら

 串本支所は8月1日、イベント参加で地域交流を図ろうと「第11回串本まつり」の串本節総踊りに支所職員19人、女性会串本ブロック(宇井良子ブロック長)の会員21人が参加しました。
 まつりの総踊り参加は2回目。参加者は浴衣やはっぴに身を包み、地元民謡「串本節」に合わせて、町役場付近から漁港までの約250㍍を、踊りながら練り歩きました。「串本節」は初めてという支所職員らが、女性会員から踊り方を教わる場面もありました。
 JAマスコット「みかっぴ」も沿道で踊りを応援し、子どもたちとのふれあいや、記念写真のお願いにも快く応じていました。
 女性会員からは「地元の知り合いから『踊りが良かったよ』と声を掛けられ、大変嬉しかった」「職員さんと一緒に踊りを楽しみ、一体感を得られた」といった声が聞かれました。
(串本地区広報委員・田井寛之)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional