JA紀南広報誌

2015年10月号p17-01

2015年10月号もくじ

親子で一緒にサンドイッチ  

ヤマザキパンとの共同企画  

ヤマザキパンの講師に教わりながらサンドイッチを作る子どもたち

 JA紀南は8月、管内の3会場で親子を対象としたサンドイッチ教室を開きました。
 ヤマザキパンとの共同企画によるもので、食育の知識と親子のコミュニケーションを深める機会をつくることが目的です。24日に中央購買センターコピア、26日にAコープAPIA、28日にとんだ支所調理室で開きました。
 教室には抽選で選ばれた親子55組が参加し、ヤマザキパンの食パンとAコープの地元産野菜を使ってサンドイッチを作りました。使用した食材は会場によって異なりますが、ツナマヨやカニカマ、レタス、お菓子などを挟みました。子どもたちは、ヤマザキパンの講師から作り方を教わりながら、保護者と一緒に楽しそうに作っていました。
 完成後はみんなで試食し、「おいしいですか」と聞かれた子どもたちは、満面の笑みで「とてもおいしい」と答えていました。参加者からは「とても楽しかったので、またぜひ開いてほしい」との声が多く聞かれました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional