JA紀南広報誌

2014年8月号p20-03

2014年8月号もくじ

受講生10人が挑戦!  

梅を使った料理作る  

画像

 JA紀南女性大学「きらっと」は6月24日、中央購買センターで第11回講座「紀南ブランド 梅を使った料理!」を開き、受講生10人が参加しました。
 初めに紀南栄養士研究グループの大更元子講師による梅の機能性や、和歌山県立医科大学の宇都宮准教授の文献を参考に、新たな梅の研究について説明がありました。
 疲労防止や回復、カルシウムの吸収促進など、梅が持つあらゆる機能性について再確認した後は、班に分かれて、野菜や肉などに合う梅を使ったソース3種類、サラダそうめん、自家製スポーツドリンクの3品の調理に取り掛かりました。ソースを楽しめるよう、野菜スティックなども作りました。
 講師からは「梅が持つ機能性を十分に理解して、梅を上手に食卓に取り入れてくれたら嬉しいです」との話がありました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional