JA紀南広報誌

2014年8月号p19-01

2014年8月号もくじ

読者のページ  

●7月号をとても楽しみにしておりました。地区懇Q&Aの中に女性会の活動について書いてありましたが、新しくできたサークルで“スポーツ吹き矢”に挑戦しています。興味のおありの方、輪が広がるといいですね。女性会の加入促進になればいいなと思います。お世話の職員さん、本当にご苦労様です。先月のバス旅行にも参加し、楽しかったです。  (白浜町・ささゆりさん)

●7月号のこもれびは「光陰矢のごとし」の体験をされ、びっくりされたとのこと。それだけ忙しく充実した人生だったのです。よかったですね。   (白浜町・森田博さん)

●本誌の表紙、毎回毎回いいですよね。その人らしさが表れていると思います。今回も浴衣姿がとても涼しげで…いつも楽しみにしています。    (田辺市・高垣峰子さん)

●大阪から引越してきて右も左も分からないまま「JAふれあい広報誌」を拝見し、とても毎号楽しみにしています。特にリレーエッセー「こもれび」は勉強になります。    (すさみ町・杉本邦枝さん)

●梅シーズン到来で、今年はパープルクィーンで梅ジュースを作ってみたいと思います。
   (田辺市・上山いづみさん)

●Kinanの女性リレーエッセー「こもれび」は、毎回興味深いです。特に7月号の長野の那須さんの生バジルとトマトの瓶詰め、昆布梅など「え~こんなの知らないなぁ。どんなに作るんだろ?」と聞いてみたいことが多くありました。仕事を辞め、家に居て、家業の農業にちょっとだけ関われるようになり、Kinanは手元にいつも置いて読ませてもらい、手引書にもなり、嬉しいです。(上富田町・菅根雅子さん)

●今年もインゲン豆、ジャガイモ、キュウリ、ナス等、大豊作。近所の方や知り合いに配るのが大変。それでも喜んでもらえる顔を見ると、また作る意欲が沸いてくるのが不思議だ。(上富田町・山本征一郎さん)

●アンパンマンこどもくらぶ、とっても助かりました。色々情報誌や風船などもらえて、子どももすごく喜んでました。良い企画だと思います。  (田辺市・池中彰一さん)

●Kinanが届きますと、何をしていても表紙から最後のページまで目を通します。その次はクロスワードパズルを解きます。とても楽しいです。いつも中身のある広報誌! ありがとうございます。
   (上富田町・山中千幸さん)

●読者のページで初めて知ったのですが、「Aコープの漬物酢」ってあったのですね。一度使ってみます。   (串本町・西村美佐枝さん)

●どっさり届きました広報誌、ありがとうです。私の地域は坂道や石段が多く、きっと「ふ~ふ~」言いながら届けてくれたことでしょう。さてみなさん記事を読む順番は? 私は表紙の若いみなさんからパワーをいただき、難しい営農の欄はサラリと。やっぱり女性会の活動記事は丁寧に。7月号には鮎川支部の「ばら寿司作り」が出てましたが、昔の人間の私、中身はコンニャク、シイタケ、他具材を混ぜる方法。出来上がりに金時豆をのせて。あぜみちではいつも大好物のばら寿司を買っています。お一人様の私、分量もちょうど良く、お味も最高です。最後に編集係さんの後記に目を通し、お仕事の一部とはいえ「ご苦労様」を申し、これからも投稿お付き合いください、よろしくと。
    (白浜町・浅井恵子さん)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional