JA紀南広報誌

2014年8月号p17-01

2014年8月号もくじ

学童農園で園児ら農業体験  

イモの収穫や植え付けなど  

画像

 JA紀南は5月下旬から6月下旬にかけて、田辺市内にある8つの幼稚園、保育園の園児を対象として、ジャガイモの収穫やサツマイモの植え付けなどの農業体験を実施しました。JA学童農園の一角を利用して行うこの体験では855人の園児が参加し、先生やJA職員による指導のもと、園地で汗を流しました。
 5月下旬から6月上旬にかけて、まずジャガイモの収穫を行い、子どもたちは畝を掘り起こすたびに顔を出すジャガイモに、驚きの声を上げていました。
 サツマイモの植え付けは6月中旬から下旬にかけて行い、JA職員が「植えたツルに土をかける時は、やさしく被せてあげてね」と声をかけると、子ども達は丁寧な手つきでゆっくりと土を被せていました。
 収穫したジャガイモはそれぞれの幼稚園・保育園でカレーの具材に使用したり、園児らが家庭に持ち帰ったとのことです。サツマイモは12月に収穫する予定になっています。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional