JA紀南広報誌

2014年8月号p15-03

2014年8月号もくじ

第5回講座 農業塾  

果菜類の手入れや稲の出穂時期を学習  

画像

 JA紀南の農業塾は6月26日、白浜町才野の実習園と平の水田で第5回講座を開き、23人の受講生が果菜類の手入れや稲の生育状態について学んだ。
 この日はまず、夏野菜圃場でトマトやキュウリ、ナスなど、生育途中の作物の手入れ方法を学習。指導部の堀修実担当から、摘芯・摘葉や水やりの頻度などについての解説を聞くたび、受講生らは大きくうなずいていた。
 合間には、受講生らから自宅で栽培している作物の病気・害虫対策などについての質問が投げかけられ、堀担当から一つひとつ対処法を教わっていた。
 後半には白浜町平の水田に移動し、稲の幼穂の状態を確認しながら、出穂時期の判定方法について学んだ。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional