JA紀南広報誌

2014年6月号p21-01

2014年6月号もくじ

JA女性会つどい・家の光大会体験発表  

やっぱり楽しみ! 食べられる事・みんなに逢う事!  

白浜ブロック 白浜支部
若林 慶子さん

 私が前任の方から役員を引き継いで15年ぐらい経ちます。昨年の役員会、堅田支部長さんが「今度は多分、白浜支部が体験発表の番です。それで若林さん、自分の体験発表やってくれませんか?」。一瞬考えて、「ハイ、やります。私でよければ!」と言ったけど何を話そうか…。
 昨年は白浜支部「おどるポンポコリン」で、ちびまる子ちゃんの格好をして踊りました。そして今年は体験発表をさせていただくことになり、大変嬉しく、胸がドキドキしているところです。
 先にお断りしたいことがあります。病気の後遺症で、言葉、発音が聴きづらいところもあると思います。途中で喉が渇いてくるので、お茶を飲ませていただきます。
 自分はまだまだ元気でどこも悪いところもない、まだまだ働ける!と思い込んでいました。
 しかしそれは突然やってきた! 平成23年の3月末、左側のほっぺたの内側がだんだん腫れてきて痛みだし、熱もあるので夜はヒエピタを貼って寝たけど、アカン、痛い!
 町内の歯医者へ行くと、「これはうちでは無理です。紀南病院の口腔外科に予約が取れましたので、行ってください」と、その日のうちに紹介してくださいました。
 娘夫婦にも電話をして、4月6日に、孫2人も一緒に来てくれ、検査のため、夕方即入院しました。
 病名は「下顎歯肉頬粘膜口底悪性腫瘍(したあごしにくほほねんまくこうていあくせいしゅよう)」。長い名前です。
 治療・検査のため、2、3カ月入院(7月頃退院予定)が必要ということで、家が留守の間、友人とか、ガス店とか、他にもいろいろ電話しました。JAの活動も少しの間はお休みです。
 入院も最初は点滴、点滴、採血の日々。私はテレビ番組の水谷豊さん出演の「相棒」が好きだったから、「点滴」を「めし」と呼び、吊り下げてある器具を「相棒」と呼んで、気分を紛らわせていました。
 でもね、これがどこでもサッと行かれへん。いちいち電源を抜いて、帰ってきたら差し込む。そのたびにピッ・ピッ・ピッと鳴るんですね。トイレの回数が多かったから、同室の方たちには、ずいぶんやかましかったと思います。一時、鼻からもチューブをさして栄養を摂っていました。
 ある日、口腔外科医の木村先生が、「もしかしたら、口から食べれんようになるかもしれない。その時には“胃ろう”という胃に小さな穴を開けて、そこから栄養を摂る方法もあります」とおっしゃいました。
 初めは不安で止めようと思ったけど、「お願いします」と言って胃ろうの手術をすることになった。私の身体はまだそんなに太ってなく、体重も34㌔ぐらい、力も無い。
 先生の押さえる力がものすごく強くて、逆に私はお腹の力を入れて、カエルみたいに膨らませようとする。上から押さえられ、腹が裂けるかと思うくらい。ホンマに必死だった。軟らかいシリコンを差し込み閉じる。手術は5、6分で終わりました。
 なにくそ! 絶対に口から食べられるようになってやる! テレビをつけても、3分間クッキング、えみちゃんのおしゃべりクッキング、NHKの料理番組などなど、「あれも食べたい! これも食べたい!」と頭の中は、食べることばっかり考えてた。
 散歩する時、6階の食堂へ行き、ちょうど白浜方向、それも阪田会館や住んでる県営団地が見えるんです! お天気の日は本当にきれいです。早く元気になって、みんなに逢いたい!
 少しずつ、スープ・おかゆなど、食べるけどなんか薬臭い、味がおかしい。また、胃ろうにはバニラ味の栄養剤が管を通して胃の中に入っていくのをじーっと見ている。20分くらいかかった。
 放射線治療も月曜から金曜日の間、3~5分、36回もやりました。顔の皮膚がこげてすす黒くなり、先生に聞くと「大丈夫ですよ」とは言ってくれたけど、女ですもの! マスクを着けて、売店へ行きました。何気なしに指でこそげてたら、ポロポロ取れて元に戻ってきた。
 声も出なかった時もある、髪の毛が抜けた時もある、そんな時見舞いに来てくれた友だちは、私を大いに笑わせてくれ、「はよ、帰って来よし」と帰って行った。
 水やお茶を飲んでも先に苦味を感じ、あんなに大好きだったビールが全然飲めなくなった。苦いし、舌の感覚が変におかしくなっていて、食べる時必ず、「これは甘いんやで」とか「美味しいんやで」とか、自分に言い聞かせて水やお茶を飲みます。
 7月13日に退院してから、普通の食事ができるようになった。けど、熱いものは冷めてから、刺激物はダメなので、気を付けて食べてます。今は体重も41㌔になり、月1回通院してます。
 友だちに会う度に「どう、調子は?」とか、「よかったね、元気になって」など、ほんまに嬉しい限りです。
 今では女性会の色々な行事も楽しみにしてます。昨年9月に白浜支部日帰り旅行で、若い頃憧れていた宝塚歌劇の宙組公演「銀河英雄伝説」を観劇しました。
 キレイ! 美しい! 豪華! 夢じゃない!本物だ! 良かった、観れて。やっぱり元気が一番!
 帰りは通天閣のビリケンさんの足の裏を撫でました。年をとっても、こんなになっても、恋するように女性会役員を元気なうちは出来る限りさせていただきます。(平成26年2月7日、紀南文化会館)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional