JA紀南広報誌

2014年6月号p19-01

2014年6月号もくじ

読者のページ  

●高校の同級生の湯川操さんの「わたくしの半生」を読ませていただき、早速本人宅の電話を調べ、50何年ぶりに声で旧交を暖めました。30分程2人とも高校生になりました。女性のリレーエッセー、これからも続けてください。
    (すさみ町・成松香さん)

●私はとんだ支所の近くに住んでいて、毎日の生活は農協さん頼りです。ありがたく思っています。あぜみち直販所も近くで、店で友達に会うのも楽しく、長生き出来るように頑張っていきたいです。
   (白浜町・深見由紀美さん)

●大型連休初日の早朝に、広報誌をいただきました。用を放ったらかし、飛びついて拝読し、何と読み応えある内容が盛り沢山でした。その中でも何回も繰り返し目を通した欄は、コラム「昔」と題した内容でした。ただ今高齢者の仲間に入っている私ですが、本当に懐かしい昔、昔です。私の若いときの勤めは、電話係。そうです、今はオペレーターだとか。24時間勤務の過激なことも懐かしい1コマでした。続いて感動したのは「こもれび」です。筆者のお人の勤務当時と現代社会の違いが、良い勉強になりました。隅々まで読める楽しみに感謝します。編集ご苦労さま。(白浜町・浅井恵子さん)

●紀菜柑をよく利用しています。紀菜柑の入口付近に置かれている季節の草花、それに今はたくさんの野菜苗、苔玉が陳列されています。それを楽しんでおります。ついでに苔玉の土だけ販売してないかと、いつも思っています。
    (田辺市・田中博子さん)

●雨上がりにキュウリ、ナス、トマト等の苗を植え付けました。夏に収穫出来る事を楽しみにしながら、どうか猿のエサになりませんように…。   (すさみ町・洋子さん)

●コラム「昔」を読んで、私も全く同感です。もっとひどい生活でした。貧しかった昔を懐かしく思い出しました。 (白浜町・玉置伝治さん)

●リレーエッセーこもれびの女性の文には、いつも感動させられます。湯川さんの「わたくしの半生」を読み、心が和みました。
    (田辺市・桑原久枝さん)

●「家庭菜園」にナスのことが載っていたので一言。今年初めて「千両二号」の種子を購入してポットに播種してみたが、18日目にやっと芽が出た。しかし生育が非常に悪い。何かいい方法はないものかと考えている毎日です。
  (上富田町・山本征一郎さん)

●今年娘の子(私達の孫)がピカピカの一年生に入学し、学校からの手土産の中に「入学おめでとう」と梅干しがプレゼントされていました。JA紀南青年部からでした。赤飯の代わりに食べる梅ご飯、なかなか立派な梅5粒。早速梅ご飯をいただき、一味一味ありがたくいただき、一番のおめでとうさん、ごちそうさんでした。思いがけないプレゼントにただただ感謝いたします。タケノコと梅を入れて炊いたよ。レシピまでついてて、なかなかのアイデアですね。  (串本町・山口禮子さん)

●川添茶は、静岡に負けないほど大変おいしいと思いますよ。これからもおいしいお茶を作ってください。    (すさみ町・出嶋翠さん)

●ポテたまサラダを早速作ってみました。オリーブ油を入れるのは初めてでしたが、結構いけますね。大葉もいい感じにアクセントになっていて、おいしくいただきました。我が家のレシピ帳に追加します。
    (上富田町・岡陽子さん)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional