JA紀南広報誌

2014年5月号p10-02

2014年5月号もくじ

 

◆病害虫防除  

○黒星病、すす斑病
 「南高」の青果用では、5月上中旬にスコア顆粒水和剤(3000倍・7日前まで・3回以内)で防除する。降雨の多い場合は5月下旬にインダーフロアブル(5000倍・前日まで・2回以内)、またはアミスター10フロアブル(1500倍・前日まで・3回以内)で防除する。収穫が間近に迫っている場合は、収穫前日数に十分注意する。薬斑は残りにくい薬剤だが、付着する場合もあるため、散布には十分注意する。
 「南高」の漬け梅用では、5月上中旬にオーソサイド水和剤(800倍・21日前まで・3回以内)、またはスコア顆粒水和剤(3000倍・7日前まで・3回以内)で防除する。降雨の多い場合は5月下旬にベンレート水和剤(3000倍・7日前まで・1回)、またはスコア顆粒水和剤(3000倍・7日前まで・3回以内)で防除する。オーソサイド水和剤は薬斑が残りやすいため、青果用での使用は避ける。また、高温多雨時期に使用すると薬害が発生しやすいため注意する。
 すす斑病は、5月下旬から6月上旬にかけての高温多雨の条件で発生しやすい。「南高」の漬け梅用では、状況によって6月に入ってもインダーフロアブル(5000倍・前日まで・2回以内)またはアミスター10フロアブル(1500倍・前日まで・3回以内)で防除する。このような場合は収穫開始予定日を確認し、安全防除を心がける。

○ウメシロカイガラムシ
 4月下旬から5月上旬はウメシロカイガラムシの第1回幼虫発生期である。ダイダイ色の幼虫発生のピークにスプラサイド乳剤(1500倍・14日前まで・2回以内)で防除する。近年幼虫の発生期が早くなっているため、暖かい地帯では早めに発生確認を行う。また、高温時に薬害が発生しやすいため注意する。小梅、「古城」など収穫が間近に迫っている品種では、収穫前日数の関係で防除できない場合があるため注意する。

○アカマダラケシキスイ
 梅干しや加工用の梅からアカマダラケシキスイの幼虫が見つかるというクレームが多発している。この時期は薬剤防除で虫の密度を下げる。バリアード顆粒水和剤(4000倍・前日まで・2回以内)、またはフォース粒剤(10㌃当たり10㌔、3日前、1回)で防除する。フォース粒剤の使用上の注意点は、散粒後土壌混和し、収穫前にあらかじめネットを張り、果実が処理土壌と直接接触しないように注意する。

◆“紅南高”づくり  

 「南高」の青果出荷園では、紅の着色を向上させるため、5月中下旬に枝吊りや枝返しを行い果実への日当たりを良くする。また、摘葉・摘枝処理を5月下旬から6月上旬(収穫5~7日前)に行うのも効果的だ。

◆実肥(第2回目)  

 5月は枝葉の成長、果実肥大など、1年で最も成育旺盛な時期だ。結実量と樹勢を見ながら梅実肥408、または、とくとく化成460を10㌃当たり60㌔施用する。
  (大辺路営農室・射場直之)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional