JA紀南広報誌

2014年3月号p21-02

2014年3月号もくじ

フラや大正琴を披露  

老人保健施設を慰問
田辺ブロック上芳養支部  

画像の説明

 女性会田辺ブロック上芳養支部(堂前浩美支部長)は1月10日、田辺市上秋津の介護老人保健施設「あきつの」を慰問し、フラダンスや大正琴などを披露しました。
 同支部の慰問は今回で3回目。施設利用者の皆さんの誕生日会に合わせ、女性会によるフラダンスと、大正琴グループが参加して、日頃の練習の成果を発表しました。
 鮮やかな南国ムードの衣装のほか、十日戎にちなんで大黒天に扮した会員らが3曲続けてフラダンスを披露すると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。
 大正琴サークルは「星のフラメンコ」「ブルーライトよこはま」「串本節」など5曲を演奏。その美しい音色に利用者の皆さんはうっとりと聞き入っていました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional