JA紀南広報誌

2014年3月号p13-02

2014年3月号もくじ

体験を通じて農業や食への関心を!  

青年部と一緒に子どもに稲刈り指導
上富田事業所  

画像の説明

 米作り体験を行う学校が増えている中、上富田事業所では今年度、学校の農業体験に貢献したいと考え、青年部が行っている岡小学校の稲刈り体験に初めて参加しました。
 青年部上富田支部では、岡小学校の2年生と5年生児童に田植えと稲刈りの体験を実施しています。昨年9月4日の稲刈り当日は、園主から話を聞いた後、青年部員と事業所の職員が児童や先生と一緒に鎌で稲を刈り、わらで縛り、なる掛けをするまでの一連の作業を行いました。
 稲刈りは初めての子どももいれば、家で米を作っている子どももいましたが、みんな楽しく稲刈りをしていました。このような活動を通じ、子どもたちには農業や食に関心を持ってほしいと感じました。 (上富田事業所・和田操)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional