JA紀南広報誌

2014年11月号p21-03

2014年11月号もくじ

つれもていこ~よ No.94  

エビとカニの水族館(すさみ町)  

画像

 すさみ町の「日本童謡の園」の公園内に、世界で唯一、エビとカニを専門に展示する「すさみ海立エビとカニの水族館」があります。
 平成11年、「南紀熊野体験博」の際に開館し、その後、すさみ町が運営を引き継ぎ、23年からは自主運営となっています。「すさみ海立」とは、すさみ近海の生物を中心に展示を行っていることに由来します。
 展示する生き物は、タカアシガニ、イセエビ、ヤシガニのほか、地元の河川で採取されたサワガニまで、水族館の名前の通り甲殻類が中心です。
 ただ、入口にはアオウミガメの水槽、裏手に回ると北海道の水族館から来たゴマフアザラシのプールも設置しており、小規模ながらも多様な生き物が所狭しに展示されています。
 同館は高速道路の南伸にともない、平成27年度に完成予定のすさみインターチェンジ(仮称)付近への移転も検討されています。
 所在地は西牟婁郡すさみ町江住の国道42号沿い。入場料は中学生以上300円、小学生以下200円、3歳未満は無料。営業時間は9時~17時で、年中無休です。お問い合わせは電話0739・58・8007。
 (JA紀南発信)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional