JA紀南広報誌

2014年11月号p15-02

2014年11月号もくじ

「ココ・カラ。和歌山」  

極早生ミカンで現地収録
田辺市稲成町・中山遼一さん  

画像

 【中央営農室】極早生ミカンの出荷が始まった9月29日、テレビ番組「ココ・カラ。和歌山」(テレビ和歌山)の現地収録が田辺市稲成町の中山遼一さん(30)のミカン園であった。
 「ココ・カラ。和歌山」は、新鮮、安全・安心な県内農産物を全国に発信しようというJAグループ和歌山のPR活動である。
 この日は瀬岡容子レポーターが「日南一号」の収穫を体験。中山さんがミカンの採り方を手ほどきするとともに、今年のミカンの仕上がりや抱負を語った。
 中山さんはUターン就農して2年目。温州ミカンや晩柑、梅を栽培している。青年部にも加入しており、「栽培技術も、先輩や指導員さんがいろいろ教えてくれるので心強い」と話す。
 現場には地元の先輩が応援に駆けつけ和やかな雰囲気での収録となった。番組は10月10日に放映された。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional