JA紀南広報誌

2014年11月号p12-01

2014年11月号もくじ

野菜  

◆レタス  

 11月は播種、定植、収穫ともにある月であり、出荷の山を作らず、労力を分散させるため、計画を持って作業しよう。

○播種・育苗
 発芽適温は15~20度で4度以下では発芽しにくく25度以上では休眠状態になり発芽しない。
 コート種子の播種後は覆土はしないこと。発芽後は徒長を防ぐため灌水し過ぎない。灌水の目安は、天候に合わせて1日数回、夕方は培土の表面が乾く程度に管理する。

○定植
 堆肥・元肥を施用し、できるだけ圃場の状態の良いときに整地、畝立てを行う。特に低温期に向かう作型では初期成育が栽培の重要ポイントであるため圃場準備は早めに行う。定植密度は畝幅135㌢の株間30~35㌢の3条植えとする。
(富田川営農室・阪本寛之)

○収穫
 収穫適期(8分結球が基準)を厳守し早朝採りする。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional