JA紀南広報誌

2014年10月号p23-01

2014年10月号もくじ

ナスのみそ漬けなど  

夏野菜を使った料理  

画像

 JA紀南女性大学「きらっと」は8月6日、中央購買センターコピアで第13回講座「夏バテ解消! 夏やさいを使った料理」を開き、受講生10人が参加しました。
 紀南栄養士研究グループの大更元子講師による、夏野菜に含まれている栄養素についての説明があり、野菜カードを使って分かりやすく、そしてちょっぴりユーモアを交えた講師の話に真剣に聞き入っていました。
 その後2班に分かれた受講生らは、キュウリの酢の物、ナスとピーマンのみそ炒め、ナスのみそ漬け、トマトの冷製スパゲティの4品に挑戦。「これはどんな風に切ったらいいんですか」などと質問しながら、和気あいあいと調理を進め、料理を完成させました。
 受講生からは「ご飯がほしくなるな」などの感想が聞かれ、みんなで美味しく食べました。講師は「紫外線と戦って出来た夏野菜は、栄養豊富です。家庭でもぜひ試してみて」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional