JA紀南広報誌

2014年10月号p15-02

2014年10月号もくじ

第7回講座農業塾  

農薬の安全使用や農機具の管理を説明  

画像

 JA紀南の農業塾は8月21日、白浜町才野のJA実習園で第7回講座を開き、25人が農機具の使用やメンテナンス方法、農薬散布の注意点などを学んだ。
 田辺農機センターなどが、草刈機による除草や管理機を使った圃場の畝立て作業を実演し、農機へのグリス注入や長期未使用の際は燃料を抜き切っておくなどの管理のポイントの説明があった。
 指導部の堀修実担当は、動力噴霧器や肩掛式噴霧器を前に、エンジンの始動方法や周辺への農薬飛散防止など使途に合ったノズルなどを紹介した。農薬の安全使用に関しても、希釈倍数などの使用基準の確認や、カッパ、マスク、メガネ等の着用の厳守を呼びかけた。女性の受講生は「話を聞いたおかげで、私も家の草刈機を使えそうです」と喜んでいた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional