JA紀南広報誌

2014年1月号p29-03

2014年1月号もくじ

つれもていこ~よ No.84  

県立自然博物館(海南市)  

画像の説明

 昭和57年に開館した和歌山県立自然博物館は、豊かで美しい和歌山県の自然を分かりやすく紹介し、家族で楽しめる施設です。平成25年9月に延べ入館者数が300万人を超えました。
 第1展示室は水族館コーナーで、たくさんの生きものを水槽で展示しています。県内に棲む生き物を展示したその種類数は全国有数を誇り、中でも大水槽「黒潮の海」ではマダラトビエイやロウニンアジが悠々と泳ぎ、まるで海中にいるような臨場感が楽しめます。
 第2展示室は主に標本類が中心のコーナーで、動植物、昆虫、貝、化石、鉱物などを展示しています。県内の自然を標本や模型で紹介しており、和歌山の自然を体験していただけます。
 開館時間は午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)で、休館日は毎週月曜日。入館料金は大人460円で、65歳以上と高校生以下は無料です。大人20人以上の団体の場合は、一人340円で入館できます。
 所在地は和歌山県海南市船尾370‐1で、交通アクセスはJR海南駅から和歌山市方面行きのバスで「琴の浦」すぐ、またはJR和歌山駅から海南市方面行きのバスで約30分「琴の浦」すぐ。近くには50台収容の駐車場もあります。(JA和歌山中央会発信)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional