JA紀南広報誌

2014年1月号p19-03

2014年1月号もくじ

農業塾  

農業経験者の体験談  

画像の説明

 JA紀南の農業塾は11月14日、JAとんだ支所で第10回講座「農業経験者による講習会」を開き、受講生32人が参加した。田辺市新庄町の農家、廣崎利八郎さんによる直売所出荷やスモモ栽培などの体験話があった。
 廣崎さんは、紀菜柑への出荷開始当初はあまり売れずに苦労したが、“人がしていないことをやろう”と、多品種多品目栽培に取り組み、珍しい作物や収穫時期をずらしての栽培を行っている。
 中でも受講生が興味を持ったのはスモモ栽培の話だった。直売所ならではの完熟出荷や種類の多さに、受講生からは「スモモの旬はいつ」「簡単に栽培できるのか」といった質問があり、廣崎さんも一つひとつにていねいに答えていた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional